パレスチナ刺繍を普段のおしゃれに。世界の伝統的なデザインで日常を彩るブランドKUMIKO

こんな人に読んでほしい!

  • ファッション・お洒落が好き
  • 海外の雑貨やアクセサリーが好き
  • 人とはちょっと変わったものを身につけたい

2020年11月28日、「世界の伝統的なデザインを日常に組みこむ」アクセサリー・雑貨ブランドKUMIKOのオンラインストアがOPENしました!

https://kumiko.shopselect.net/

KUMIKOはパピルスネットのライター・運営もしているもりやまとあらきの2人で立ち上げました。エスニックな雑貨や服が好き!という方はかなりいらっしゃると思います。チチカカやチャイハネなど、輸入雑貨や服を取り扱って全国展開しているようなお店も今はたくさんありますね!(私も海外に飢えたときによく行きます…笑)

 

だけど色が鮮やかすぎたり、デザインが独特すぎたり、ただ海外で買ってきたもの・輸入されたものを日本で身につけようとするとなんだか「使いづらい」…そこで世界の伝統的なデザインをふだんのお洒落に取り入れやすいアイテムにして販売しようと思い立ってできたのがKUMIKOなんです✨

 

そんなKUMIKOで28日から販売しているのは、「パレスチナ刺繍」で用いられるモチーフをアレンジしながら作ったピアスやイヤリング、栞といった小物たち。

 

私がパレスチナ刺繍に出会ったのは、大学2年生の夏、ヨーロッパと中東をバックパッカースタイルで回っていてヨルダンを訪れたときのこと。

首都アンマンの、観光客が多く滞在するダウンタウンには民族的なドレスを販売するお店がいくつも並んでいました。足元まである丈の長い、多くは黒地のドレスに目一杯に刺繍が施されたそれらは惚れ惚れとする美しさでした!

 

日本に帰ってから調べてみると、私がヨルダンで見かけたような刺繍は「パレスチナ刺繍」と呼ばれるヨルダン、パレスチナ周辺の民族衣装に主に用いられる刺繍で、ナブルスやラマッラー、ガザなど地域によっても異なるデザインを、母から娘へと受け継いで、その継承の過程の中でも女性たちが独自のアレンジを加えてきた刺繍(のモチーフ)、その作品であることがわかりました。(パレスチナ刺繍とはこれだ!!という明確な定義はあまりないようです。)

 

*パレスチナ刺繍の歴史や地域ごとの特徴の紹介は改めて一つの記事でご紹介したいと思います!

 

そんなパレスチナ刺繍のモチーフから生まれたKUMIKOのアクセサリー。

イチオシは細かな模様が刺繍されたくるみボタンのピアス/イヤリング。

パターンは全4種類、普段使いしやすい落ち着いたカラーを揃えています。

刺繍の温かみのある感じがこれからの季節のよそおいにもぴったり⛄️❄️

*着用イメージ*

 

アクセサリー以外にも、黒を基調に二色をアクセントに使った栞もおすすめ!📚

他の作品もKUMIKOオンラインストア(https://kumiko.shopselect.net/ )からご覧いただけます。

 

作品のデザインについての豆知識や新商品のお知らせは公式Twitter/Instagramもチェック!

Twitter

Instagram

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

KUMIKO(@kumikofficial)がシェアした投稿

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA