ムスリムってこんなカンジ!?笑いあり涙ありのアメリカ留学ライフ!『サトコとナダ』

こんな人に読んでほしい!

  • 「宗教」の話はよくわからない。
  • けどムスリムってどんな人たち?と気になったことがある
  • 本を読むまでも無いけど、わかりやすく、さらっと勉強したい!!

大学で中東地域とその多数派信仰であるイスラームをかじっている私ですが、Twitterで中東旅行談などなどをあげているうちに「イスラームにちょっと興味があるんだけど…」と聞いてくださる方が現れました!うれしいですね。😤✨

イスラームっていったいどんな宗教なの?

ムスリムってどんな人たちなの?

難しいことはわからないけど気になってる!

サラッと楽しく勉強したい!

そんな人にぜひぜひオススメしたいマンガをご紹介します💕

ユペチカ『サトコとナダ』(監修:西森マリー)

Twitter上での投稿からコミック化、「このマンガがすごい!2018」オンナ編で第3位を獲得した『サトコとナダ』。

日本人留学生のサトコと、サウジアラビアの女の子・ナダがアメリカでルームシェア生活を送るお話📚

どきどきのルームシェア初日、ニカブ(頭と顔を覆う黒い布)姿のナダにびっくりするサトコ。サトコはムスリムの女性は物静かなイメージだと思っていたけれど、茶目っ気たっぷりで活発的で、お洒落とチョコレートが大好きな、自分と何ら変わらない普通の女の子のナダと仲良くなるうちに、彼女の暮らしの根底にあるイスラームに触れる、というのがあらすじ。

ナダの他にも、アフガニスタン人のママ学生パキザ、キリスト教徒のミラクル、日系アメリカ人のケビン…さまざまなバックグラウンドをもつ人たちが登場します!彼らとのほのぼのとした(ときには試練も…!?)日常の中で、サトコと一緒に読者の私たちも様々な価値観、生き方に触れることができます📚

エッセイ風の四コマ形式で絵柄も可愛らしく読みやすい😍

イスラーム教徒と聞くと、

毎日5回お祈りをしなくちゃいけない、とか

豚肉等々食べちゃいけないものが色々ある、とか

女の人は服装に規定がある、とか

なんとなく堅っ苦しくて窮屈な思いをしているイメージはありませんか?

この記事を書いていた時、ちょうどラマダン月でムスリムのみなさんは日中断食をしている期間だったのですが、私も少し前までは1ヶ月も断食するなんて大変だなぁ、と思っていました。笑

でも代々木にあるモスク・東京ジャーミィのイフタール(断食明けの食事)に参加したり、ムスリムの人たちの声を聞く中で、断食をきっかけに貧しい人の気持ちを分かったり、みんな一緒に食事をとることで団結を強めたりしているんだ、と知ってそんなイメージが変わりました。

もちろんムスリムみんなが、ナダたち物語に登場するムスリムのような人、というわけではありません。「日本人は勤勉だ」「真面目だ」「大人しい」と言われがちの日本人にもいろんな人がいるように、ムスリムにもいろんな人がいます。この漫画を読んだからってイスラームとムスリムのすべてを理解することは残念ながらできません。でもイスラームに触れる機会がなかなか無い中で、『サトコとナダ』はきっとあなたに新しいイスラーム観を与えてくれるはず!!

ぜひ読んでみてください😆

星海社COMICSから全4巻が発売されています(完結済)!

以下のリンクからアマゾンの販売ページに飛べます⬇︎

*余談

アメリカに留学中の知人に教えてもらったのですが、ナダの出身のサウジアラビアなど、湾岸諸国からは国の奨学金でたくさんの人が学びにきているんだとか!リアル『サトコとナダ』だ〜💕と留学生活に憧れてしまいました😌

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA